- 未分類

成年後見制度について

弁護士に相談できる問題の一つである、「成年後見」の制度とは、認知症等で判断能力が不十分な方に対する法的な支援・援助をする制度であり、法定後見制度と任意後見制度の二種類があります。通常、任意の契約をした方、あるいは本人の親族が後見人として選出されたり、時に適任者がいない、トラブルが予想されるケースにおいては、弁護士が成年後見人に選任されることもあります。

成年後見制度を利用することで、具体的にどのようなケースに有効かと言えば、一人暮らしの高齢者が、高額商品を売りつける悪徳な訪問販売に、無駄に高い商品を騙されて売りつけられるトラブルが多発していますが、そういったトラブルの防止や、契約を無効にすることができます。

判断能力が低下した高齢者の方を,そのままにしておくと,電話勧誘や訪問販売などで高額な商品を購入させられるなどにより財産を失うということになりかねません。

または、振り込め詐欺等も事前に食い止めることもできるようになりますので、これから高齢者の一人暮らしが増える可能性のある日本社会において活用するべき制度となります。お金の問題は親族間での解決は難しい為、第三者的立場であり、法律のスペシャリストとして最適なアドバイスをもらえる弁護士に相談されることが最もお勧めの方法となります。検討される初期段階から相談にのってもらうことで、無駄な時間や費用をかける必要もなくなります。

Pocket